G1秋華賞とジャパンカップを制したショウナンパンドラ引退

競馬ニュース

G1秋華賞とジャパンカップを制したショウナンパンドラ引退

2014年秋華賞と2015年ジャパンカップを制したショウナンパンドラが引退。
6月に左第3中手骨遠位罅裂骨折し治療に努めていましたが競走馬生活を抹消する事を本日発表いたしました。今後はノーザンファームで繁殖生活に入ります。

デビューの頃は中々結果が出ない馬でしたが、秋華賞で見事な走りを見せてくれました。その後のエリザベス女王杯と2015年になって2戦は着外でしたが、宝塚記念では3着に好走し、オールカマーを快勝して天皇賞秋は不利があり4着に敗れるものの、ジャパンカップでは自慢の末脚がさく裂し差し切って勝利を収めた。
その後の産経大阪杯とヴィクトリアマイルは3着でした。

2015年ジャパンカップ(GI)などに優勝したショウナンパンドラ号(牝5歳 栗東・高野 友和厩舎)は、本日(11月2日(水))付けで競走馬登録を抹消しましたのでお知らせいたします。
同馬は、北海道勇払郡安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定です。

出典 http://www.jra.go.jp

14年の秋華賞、昨年のジャパンCを制したショウナンパンドラ(牝5歳、栗東・高野友和厩舎)の現役引退が2日、発表された。今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖入りする。

出典 http://news.netkeiba.com



良い繁殖牝馬になって子供の走りが見たいですね。
是非良いお母さんになってもらいたいと思います。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ