クラブワールドカップ決勝と3位決定戦の結果!

スポーツニュース

クラブワールドカップ決勝と3位決定戦の結果!

クラブワールドカップ決勝はレアルマドリード対鹿島アントラーズの対戦。
レアルマドリードが4対2で延長戦の末クラブワールドカップを制しました。
鹿島アントラーズの大健闘が光った試合でもありました。世界中もここまで善戦するとは思わなかったと思います。

前半はレアルマドリードがボールを支配し有利に試合を進める。
9分に鹿島の曽ヶ端が弾いたボールをベンゼマが決めて先制する。鹿島は失点をしたもののその後は耐え抜いてレアルマドリードの攻撃を防ぐ。攻撃面はなかなか活路を見いだせない。しかし44分に土居のクロスの流れから柴崎がボレーシュート決め同点とする。前半は1対1で終える。

後半は鹿島がレアルマドリードにプレーを自由にさせない。すると相手のミスから柴崎がミドルシュートを決め逆転に成功する。しかし15分にレアルマドリードがPKのチャンスを得る。そのPKをクリスティアーノ・ロナウドが決めて振出しに戻る。その後はレアルマドリードが息を吹き返し、流れを取り戻す。しかしその後は決められない。そして後半が終了して延長戦に突入する。

延長前半の8分にレアルマドリードが再逆転に成功する。ベンゼマのスルーパスをクリスティアーノ・ロナウドが決める。更に14分にクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを決めて4対2とする。
延長後半はお互い疲れがあり決め手を欠く。結局このまま4対2でレアルマドリードがクラブワールドカップの頂点に立ちました。

3位決定戦はアトレチコ・ナシオナルがPK戦を制した

クラブワールドカップ3位決定戦

3位決定戦はアトレチコ・ナシオナルがクラブ・アメリカを2対2からPK戦になり4対3でPK戦を制し3位を獲得した。

前半6分にオウンゴールで先制する。更に26分にゲラのゴールで2対0とする。38分にクラブ・アメリカも反撃。アロージョのゴールで1点を返す。
すると後半の21分にPKを獲得し、そのPKを決め同点とする。
延長でも決着がつかずPK戦になりクラブ・アメリカは最初と2人目が失敗し、対するアトレチコ・ナシオナルは2人目以外が成功してPK戦を制した。

素晴らしい大会でしたね。鹿島アントラーズを誉めてあげたいですよね。世界中にインパクトを与えるには十分な内容だと思います。レアルマドリードは少し油断があったかもしれません。しかし実力の差は延長戦で出ましたね。準優勝ですが誇りを持っていい準優勝です。アジア勢がヨーロッパのクラブを相手に点を取ったのは2008年のガンバ大阪以来で相手はマンチェスターユナイテッドでした。その試合はマンチェスターユナイテッドから3点を取りました。鹿島アントラーズは正直、凄い試合を演じたと感じてます。アジアのクラブがヨーロッパのクラブに勝つ日はいつか来るかもしれませんね。次のクラブワールドカップはどうなるか楽しみです。

1

関連記事

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ