天皇杯決勝戦の結果!

スポーツニュース

天皇杯決勝戦の結果!

元日の天皇杯決勝戦は延長戦の末鹿島アントラーズが2対1で勝利して今季2冠を達成した。これで19冠になった。

試合は前半は川崎フロンターレのペースで試合が進む。13分と18分にシュートを放つものの鹿島のゴールキーパー曽ヶ端がセーブする。チャンスを作れない鹿島は36分に西がヘディングでゴールを揺らすもののオフサイドになり得点にならない。そして42分遂に得点が入る。鹿島が遠藤康のパスから山本がヘディングでゴールを揺らし先制点を挙げる。前半は1対0でハーフタイムを迎える。

後半は鹿島が得点を決めた山本に代わりファン・ソッコが入る。対する川崎は登里に代わり三好を投入する。後半も川崎が主導権を握り攻勢に出る。すると9分同点に追い付く。小林がディフェンダーを振り切りシュートを決めた!これで1対1。その後はお互い決め手を欠き時間が進む。そして後半が終了!1対1の同点で延長戦に入る。

延長前半に鹿島がチャンスを掴む。4分にセットプレーから一度はクリアするものの、その後鈴木から西に渡り、西が転倒したがファブリシオにボールが渡りシュートを放つ!これが決まり再び鹿島が2対1でリードする。その後は鹿島がペースを握り川崎にチャンスを与えない。延長前半が終了!

延長後半は鹿島の守備に川崎は活路を見い出せない。鹿島は6分にシュートを放つがポストに当り得点にはならない。川崎は11分にコーナーキックのチャンスを掴みゴールキーパーのチョン・ソンリョンが攻撃に参加する。しかし決められない。鹿島はボールを持つとキープに入る。川崎は14分に再びコーナーキックのチャンス。チョン・ソンリョンが再び攻撃に参加する。しかし得点には至らない。ここでタイムアップ!

鹿島アントラーズが今季2冠を達成した。川崎フロンターレはまたしてもタイトルには届かなかった。

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が2017年1月1日に市立吹田サッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズと川崎フロンターレが対戦した。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

天皇杯 決勝 試合動画



鹿島アントラーズはクラブワールドカップで準優勝して充実してましたね。王者に相応しい試合だったと思います。対する川崎フロンターレは攻撃のチャンスを作っていただけに初タイトルを獲れなかったのは残念です。

来シーズンはどのような試合になるのか楽しみですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ