第53回金鯱賞の結果!

競馬ニュース

第53回金鯱賞の結果!

大阪杯の前哨戦として3月に移行し行われた、第53回金鯱賞はヤマカツエースが昨年の12月に開催された第52回金鯱賞に続く連覇を達成した。

スタートは各馬揃ったスタート。まず先手を主張したのはロードヴァンドール。2番手にパドルウィール。その後はルージュバック、プロディガルサンが並ぶ。2コーナーに入りようやくポジションが落ち着く。前に馬が集中する展開になる。先頭はロードヴァンドール。2番手にパドルウィール。その後はフルーキー、プロディガルサン、ルージュバック、サトノノブレス、ナスノセイカン、ヤマカツエースと続く。前半の1000メートルは60秒4で通過。3コーナーに入りペースが上がり出す。ヤマカツエースの手応えが良く前に進出する。4コーナーから直線に入り先頭はロードヴァンドール。その後は何が抜け出すかわからない。伸びてきたのはヤマカツエース。ゴール前でロードヴァンドールを捉え先頭に立つ。ヤマカツエースはそのまま先頭でゴール。その後は混戦になりゴール板を通過。勝ったのは1番人気のヤマカツエース。2着は逃げ粘った7番人気のロードヴァンドール。3着に13番人気のスズカデヴィアス。ヤマカツエースには大阪杯の優先出走権が与えられます。

金鯱賞のレースはどうだったの?

金鯱賞のレースでTwitterの反応


ヤマカツエースが昨年に続き連覇を果たしましたね。このコースは本当に相性がいいです。金鯱賞を勝った辺りから力を付けてきています。昨年の天皇賞秋が殿負けだった馬が嘘のような変身ぶりです。大阪杯の優先出走権を手に入れて今度こそG1を獲りたい所です。この勢いは相当の物がありますね。大阪杯は強力なメンバーが出てきますが頑張ってほしいです。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ