第31回ファルコンステークスの結果!

競馬ニュース

第31回ファルコンステークスの結果!

第31回のファルコンステークスは3番人気の戸崎圭太騎乗、コウソクストレートが鮮やかに差し切り重賞初制覇を飾った。

スタートは1番人気のナイトバナレットが出遅れる。まずは3枠の2頭が先行争い。レジーナフォルテが前に出る。メイソンジュニアが2番手。3番手にメイショウオワラ。その後ろは5頭固まる。前半の600メートルが34秒0。3コーナーに入りメイショウオワラが2番手に上がる。4コーナーを通過し直線に入る所でようやくジョッキーの手が動く。直線伸びてきたのはボンセルヴィーソ。内からメイソンジュニア。外からコウソクストレートが伸びてくる。更に外からダイイチターミナル。しかし勝ったのはコウソクストレート。2着にボンセルヴィーソ。3着にメイソンジュニア。中舘英二調教師は騎手時代にこのレースを制していて、嬉しい重賞勝利となった。なお1番人気のナイトバナレットは出遅れて見せ場なく12着に敗れました。

ファルコンステークスのコウソクストレートの走りは?

ファルコンステークスTwitterの反応

第31回のファルコンステークスはコウソクストレートが勝ちましたね。前走のシンザン記念で14着と大敗してここに臨み見事に復活しましたね。デビューから2連勝して期待されていましたが京王杯2歳ステークスを2番人気で4着と敗れ。前走は上記のとおりです。ジョッキーを慣れた戸崎圭太騎手を起用しこのレースを勝ちました。今後はどうなるかは分かりませんが1600メートルより1400メートルの方が合っている感じですね。短距離路線なら活躍できるかもしれません。2着のボンセルヴィーソは前2走と変わらず堅実に走りますね。デイリー杯2歳ステークスと朝日杯フューチュリティステークスでは人気がなく今回は2番人気。人気のし過ぎではないかと考える方もいたと思います。人気があっても走りましたのでこの馬の方がNHKマイルカップでは狙えるかもしれませんね。

日曜日19日は阪神大賞典とフジテレビ賞スプリングステークスです。特に阪神大賞典はサトノダイヤモンドとシュヴァルグランとの戦いが濃厚と見ている方が多いのではないでしょうか?果たしてどうなるか楽しみですね。

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ