第53回小倉記念の結果!

競馬ニュース

第53回小倉記念の結果!

第53回小倉記念が小倉競馬場の芝2000メートルで行われミルコ・デムーロ騎手から乗り替わった秋山真一郎騎手騎乗のタツゴウゲキが競り合いを制し重賞初制覇を飾った。

スタートはシャドウパーティーが後方から。まずハナに立ったのはバンドワゴン。2番手にヴォージュ。3番手にタツゴウゲキ。その後はストロングタイタン、スピリッツミノル、フェルメッツァ、ケイティープライド、サンマルティン、カフジプリンス、ベルーフ、クランモンタナ、最後方にシャドウパーティー。ペースはやや速い。3コーナー辺りからペースが上がり出す。サンマルティンがポジションを上げる。ベルーフも上がってくる。バンドワゴンの手応えが悪い。4コーナーから直線に入りサンマルティンが先頭に立つ。内からタツゴウゲキが伸びてくる。先頭争いはこの2頭に絞られる。3番手争いもフェルメッツァとベルーフの争いになる。ゴール前でタツゴウゲキがサンマルティンに並びかける。そしてこのままゴール。勝ったのは4番人気のタツゴウゲキ。2着に2番人気のサンマルティン。戸崎圭太騎手は小倉競馬場での重賞制覇ならず。3着にフェルメッツァ。1番人気のストロングタイタンは8着に敗れた。

痺れるレースでしたね!

第9回レパードステークス

第9回レパードステークスが新潟競馬場のダート1800メートルで行われ、木幡巧也騎乗のローズプリンスダムが人馬とも重賞初制覇を飾った。

スタートはテイエムアンムートが膠着して競争中止する波乱の展開。まずハナを叩いたのはサルサディオーネ。2番手にタガノカトレア。3番手にタガノグルナ。2コーナーに入りノーブルサターンが3番手に上がる。圧倒的1番人気のエピカリスは5番手。ペースは平均ペース。3コーナー辺りからジョッキーの手が動きペースが上がり出す。4コーナーから直線に入り先頭はサルサディオーネ。2番手以降は混戦。その後ろでローズプリンスダムが外に持ち出し一気に伸びてくる。エピカリスは内に入るものの伸びがない。サルサディオーネが粘っている。残り100メートルでローズプリンスダムが先頭に立つ。エピカリスは3番手が精一杯。勝ったの11番人気のローズプリンスダム。2着に逃げ粘った12番人気のサルサディオーネ。3着にエピカリス。エピカリスは国内初黒星。

小倉記念は素晴らしいレースになりましたね。代打騎乗となった秋山真一郎騎手にとって嬉しい重賞制覇となりました。技術の高い騎手で馬に恵まれるともっと勝ててもおかしくない騎手です。この勝利は非常に大きいですね。

レパードステークスは木幡巧也騎手が重賞初制覇を飾りました。重賞初制覇だけにガッツポーズを見せてましたね。ローズプリンスダムの伸びは非常に素晴らしかったと思います。ダート戦線は難しくなりそうです。

次週は新潟競馬場で関屋記念。札幌競馬場ではエルムステークスが行われます。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ