第22回エルムステークスの結果!

競馬ニュース

第22回エルムステークスの結果!

第22回エルムステークスが札幌競馬場のダート1700メートルで行われ4番人気のロンドンタウンがレコードタイムで勝利した。ロンドンタウンは重賞2勝目。

スタートは各馬スムーズ。まずハナに立ったのはドリームキラリ。2番手にテイエムジンソク。3番手に地方馬のタマモホルン。その後にロンドンタウン、モンドクラッセ、リッカルド、コスモカナディアン、クリノスターオー、地方馬のオヤコダカ、リーゼントロック、ピオネロ、ラインハート、メイショウスミトモ、最後方にショウナンアポロン。3コーナー辺りからジョッキーの手が動きペースが上がる。テイエムジンソクは持ったまま。後ろのロンドンタウンも持ったまま直線に入る。先頭はドリームキラリ。テイエムジンソクが後を追う。更に後ろにロンドンタウン。リッカルドは遅れ始める。残り50メートルでロンドンタウンが前の2頭に迫る。そしてゴール前で前の2頭を交わす。そしてゴール。勝ったのは4番人気のロンドンタウン。2着に1番人気のテイエムジンソク。3着に今週復帰した三浦皇成騎手が乗った8番人気のドリームキラリ。勝ち時計は1分40秒9のコースレコード。

レコードタイムでの決着でしたね

第52回関屋記念

第52回関屋記念が新潟競馬場の芝1600外回りで行われ7番人気のマルターズアポジーが見事な逃げ切りで重賞3勝目を手にした。

スタートはマルターズアポジーが絶好のスタートでハナに立つ。2番手にはウインガ二オン。3番手以降はポジションが定まらない。マルターズアポジーが気分良く先頭を走っている。2番手以降を引き離している。直線には入り快調にレースを進める。追ってくるのはウインガ二オン。しかしマルターズアポジーとの差が縮まらない。3番手にダノンリバティ。残り100メートルが過ぎても前との差が詰まらない。結局このまま大勢が決しマルターズアポジーが逃げ切った。2着に4番人気のウインガ二オン。ウインガ二オンは中京記念に続く連勝とはならなかった。3着に5番人気のダノンリバティ。1番人気のメートルダールは12着に沈んだ。

第22回エルムステークスはロンドンタウンの見事なレコード勝ちでしたね。着差は僅かでしたが余力があった勝利でしたね、3頭の争いは見ごたえがありました。

第52回関屋記念はマルターズアポジーの一人旅でしたね。持ち味の逃げが行かせた競馬になり後ろを全く寄せ付けませんでした。完勝です。

次週は北海道が一番盛り上がるれーす、札幌記念が行われます。エアスピネル、ヤマカツエース、サウンズオブアース等13頭が登録。昨年はモーリスの出走で盛り上がりましたが今年はどうなるか?

小倉競馬場では北九州記念が行われ荒れる要素が今年もメンバー的に感じます。

夏の大一番をどの馬が制するのか見物ですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ