第37回小倉2歳ステークスの結果!

競馬ニュース

第37回小倉2歳ステークスの結果!

第37回小倉2歳ステークスが小倉競馬場の芝1200メートルで行われ、3番人気のアサクサゲンキが直線で力強く抜け出し重賞を制した。

スタートはスーサンドンが後方から。いいスタートを切ったのは外のアサクサゲンキとジュンドリーム。しかし先行争いはフローラルシトラスとモズスーパーフレアの争い。先行争いを制したのはフローラルシトラス。モズスーパーフレアは2番手。3番手にオーロスターキス。3コーナーに入りジョッキーの手が動き出す。4コーナーに入り馬郡が固まる。そして直線に入るとフローラルシトラスが失速し後退。代わって先頭に立ったのはモズスーパーフレア。アサクサゲンキが追ってくる。この2頭が競り合っている。残り200メートルでアサクサゲンキが先頭に立つ。アイアンクローも追ってくる。残り100メートルでアサクサゲンキが抜け出す。モズスーパーフレアは失速していく。アイアンクローとバーニングぺスカが2番手争い。その後は混戦でゴールを迎える。勝ったのはアサクサゲンキ。2着は5番人気のアイアンクロー。3着は7番人気のバーニングぺスカ。1番人気だったモズスーパーフレアは7着に敗れた。

完璧な抜け出しでしたね

第37回小倉2歳ステークスはアサクサゲンキの勝利で今年の小倉を締めくくりましたね。鞍上は武豊騎手で、今年も大活躍でした。

メイショウカイドウが小倉競馬場の誘導馬を今年で引退する為、最高のプレゼントになったと思います。メイショウカイドウは武豊騎手にとって思いのある馬で、かつては小倉3冠と言われた小倉大賞典、小倉記念、北九州記念を制し小倉では存在感を示しました。

今年の小倉は武豊騎手にとって忘れられない1年になると思います。

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ