ルヴァンカップ準々決勝 FC東京対川崎フロンターレの結果!

スポーツニュース

ルヴァンカップ準々決勝 FC東京対川崎フロンターレの結果!

ルヴァンカップ準々決勝のセカンドレグ、FC東京対川崎フロンターレの試合は阿部のハットトリックなどで川崎フロンターレが5対1と完勝した。

ファーストレグからFC東京がスタメンを2人変えたのに対し川崎フロンターレは7人が交代する。キーパーはチョン・ソンリョンが守る。

前半から川崎が主導権を握る。7分に家長のクロスがクロスバーを直撃するが得点にならず。13分にFC東京が徳永のミドルシュート。ディフェンダーに当たりコーナーキックを得るも得点できない。その後は再び川崎が大島のクロスから小林が頭で合わせるも得点できない。更に18分に阿部がダイレクトシュート。キーパーに阻まれる。FC東京は反撃を試みるもシュートまで持ち込めない。すると28分川崎が中村のパスから阿部が抜け出しシュート。これが決まり合計3対0。このアウェーゴールで延長戦が無くなった。その後は川崎の一方的な展開になり30分にも小林のパスから阿部がゴール。37分にエウシーニョがシュートを放つがこれは決まらない。40分にさらに追加点。板倉のシュートはキーパーにもエウシーニョが詰め寄りネットを揺らす。前半で3対0となる。合計で5対0。そして前半が終了。

後半も立ち上がりは川崎ペース。9分にエウシーニョのパスから阿部が決めハットトリックを達成する。阿部は初めてのハットトリック。更に2分後にも小林のパスからエウシーニョがループシュート放ち5対0とする。合計7対0で決定的な差となる。その後はFC東京が攻勢に出るも決め手を欠く時間帯が続く。ようやくネットを揺らしたのは46分に大久保嘉人が永井のパスを受けてネットを揺らす。しかしこの1点だけで試合が終了した。

この試合は5対1で川崎フロンターレがセカンドレグも勝利し、合計7対1で準決勝に駒を進めた。川崎フロンターレは3年ぶりの準決勝。

準決勝の対戦相手は鹿島アントラーズを下したベガルタ仙台。

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ