第31回セントウルステークスの結果!

競馬ニュース

第31回セントウルステークスの結果!

第31回セントウルステークスが阪神競馬場の芝1200メートル内回りで行われファインニードルが人気に応え重賞初制覇を果たし10月1日のスプリンターズステークスの優先出走権を獲得した。

スタートはツィンクルソード、ブレイズエターナル、ワキノヒビキが後方から。まずはファインニードルとフィドゥーシアの人気2頭が前に出てくる。ハナに立ったのはフィドゥーシア。2番手にはラヴァーズポイントが上がり、ファインニードルは3番手に抑える。その後はアドマイヤゴッド、アルティマブラッド。アルティマブラッドがアドマイヤゴッドを交わし4番手。ミッキーラブソング、ラインミーティア、スノードラゴン、ワキノブレイブ、ダンスディレクター、メラグラーナ、ブレイズエターナル、ツィンクルソード、最後方にワキノヒビキ。ぜんはんのメートルは33秒8。4コーナーから直線に入り先頭はフィドゥーシア。残り200メートルでファインニードルがフィドゥーシアを捉える。フィドゥーシアは後退していく。その後からラインミーティアが2番手に上がり、更に後ろは混戦になる。勝ったのはファインニードル。2着は6番人気のラインミーティア。3着は4番人気のダンスディレクター。

内からよく抜け出したね!

第31回セントウルステークスはファインニードルが完勝でしたね。前走は1番人気で内から抜け出せずに不完全燃焼で終わっただけにこの勝利は非常に大きいと思います。

2着のラインミーティアは大健闘ですね。ここで2着になったのは力を付けた証拠だと思います。この2着でサマースプリントのチャンピオンとなりました。

3着のダンスディレクターは骨折明けで不安がありましたがあまり得意ではない阪神競馬場で良く走りました。

フィドゥーシアは主導権を握りながら9着に敗れたのは意外でしたね。気性の問題があるのかもしれません。気分よく走れたらもう少しやれると思います。人気が落ちた時が買い時かもしれませんよ。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ