元中央競馬騎手が地方競馬の試験を受ける

競馬ニュース

元中央競馬騎手が地方競馬の試験を受ける

元日本中央競馬会の騎手、藤田伸二さんが地方競馬の騎手免許一次試験を受けました。

中央競馬の元騎手が地方競馬の騎手試験を受けるのは物凄くレアなケースですよね。

藤田伸二元騎手は中央競馬で1918勝で重賞も93勝を挙げている素晴らしい騎手です。
中央競馬では数々の名勝負を繰り広げ、その一つとして1996年のフサイチコンコルドの日本ダービーが有名ではないでしょうか?このレースは過去のダービーの歴史を覆したレースでも有名ですよね。わずか3戦でダービーを制しました。ここ最近ではあり得ない勝ち方ですよね。このレースは伝説として全国に知られています。その他にも様々なG1レースを制しトップジョッキーの仲間入りを果たしました。しかし引退する前の数年間は馬にも恵まれずモチベーションが低下し重賞も獲れない時期が続き2015年の北海道開催終了を持って引退をしました。藤田伸二元騎手は模範騎手賞を2度も獲得した唯一のジョッキーで、これはあの武豊騎手でも獲得したことはありません。

地方競馬の騎手に合格すると、ホッカイドウ競馬で騎乗するとの事です。どのような騎乗捌きを見せるのか楽しみになりますよね。

なお一次試験の合格発表は今月の25日に発表されます。合格すると11月1日と2日の二次試験に臨み騎手復帰を目指します。ここで騎手として復帰できるか決まります。

まずは25日の合格発表ですね。是非合格して日本の競馬を盛り上げてほしいですね。

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ