第2回紫苑ステークスの結果!

競馬ニュース

第2回紫苑ステークスの結果!

第2回紫苑ステークスはディアドラが人気に応えて重賞初制覇を果たし秋華賞への切符をゲットした。

スタートはルヴォワールが後方からのスタート。まずハナに立ったのはミッシングリンク。2番手にプリンセスルーラー。3番手にジッパーレーン。その後はナムラムラサキ、カリビアンゴールド、マナローラ、シーズララバイ、ブラックオニキス、サロニカ、ポールヴァントル、ワラッチャウヨネ、ディアドラ、ルヴォワール、ライジングリーズン、シンボリジュネス、ホウオウパフューム、ガジュマル、フレスコパストの順。1コーナーから2コーナーに入りナムラムラサキが3番手に上がってくる。各馬固まった状態でレースが進む。前半の1000メートルは61秒3。シンボリジュネスが先に仕掛けて上位に進出してくる。3コーナーに入り各馬のペースが上がり出す。4コーナーに入りジョッキーの手が動き出し直線へ。先頭はミッシングリンク。しかしカリビアンゴールドが残り150メートルで捉える。後ろからはポールヴァンドルとディアドラ。ゴール前は3頭の争いとなりゴールを迎える。勝ったのはギリギリ捉えたディアドラ。2着は6番人気のカリビアンゴールド。3着は4番人気のポールヴァンドル。この3頭は秋華賞の優先出走権を獲得した。

ディアドラはよく差し切ったね!

第2回紫苑ステークスはディアドラが見事な差し切りを決めましたね。この馬は本当にタフな馬ですよね。桜花賞からオークスの間に1走して上位争いするのですから大した馬です。今回は札幌のレースを走って2走目。次の秋華賞はどのようなレースをするか楽しみですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ