第20回富士ステークスの結果!

競馬ニュース

第20回富士ステークスの結果!

第20回富士ステークスが東京競馬場の芝1600メートルで行われ、不良馬場を物ともせずエアスピネルが人気に応え完勝した。

スタートはロードクエストが後方からになる。まずハナに立ったのはマイネルアウラート。2番手にレッドアンシェル。3番手にジョーストリクトリ。その後はクラリティシチー、エアスピネル、ペルシアンナイト、イスラボニータ、ロードクエスト、ミュゼエイリアン、サトノアレス、グランシルク、ダイワリベラル、ブラックムーン、クルーガーの順。前半の600メートルは35秒6。3コーナーから4コーナーにかけて少しずつペースが上がってくる。4コーナーから直線に入り内と外に分かれて勝負に出る。先頭は内からレッドアンシェル。2番手にはエアスピネルが外から上がってくる。3番手には内からペルシアンナイト。残り200メートルでイスラボニータがペルシアンナイト交わし3番手に上がってくる。残り100メートルでエアスピネルがレッドアンシェルを交わし先頭に立つ。ゴール前でイスラボニータが2番手に上がり、3番手にはクルーガーが上がる。結局勝ったのはエアスピネル。2着は4番人気のイスラボニータ。3着には11番人気のクルーガー。

見事な完勝劇でしたね!

第20回富士ステークスはエアスピネルが完勝しましたね。
直線はレッドアンシェルが意外と内で粘ってこれはと思いましたが外の方が伸びましたね。この不良馬場での完勝は正直大きいと思います。

2着のイスラボニータも古豪の力を見せてマイルチャンピオンシップに向けてまずまずのスタートを切りました。次が真価の問われるレースですね。

3着のクルーガーは意外でしたね。前走のマイラーズカップが不甲斐ないレースだっただけにこの3着は価値があると思います。これならマイルチャンピオンシップも戦えるかもしれません。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ