第78回菊花賞の結果!

競馬ニュース

第78回菊花賞の結果!

第78回菊花賞が京都競馬場の芝3000メートル外回りで行われ、1番人気のキセキが完勝を収めた。

スタートはプラチナヴォイスが大きく出遅れる。いいスタートを切ったのはウインガナドル。2番手にアダムバローズ。3番手にスティッフェリオとベストアプローチ。その後にマイスタイル、トリコロールブルー、ダンビュライト、サトノクロニクル、アルアイン、ポポカテペトル、クリノヤマトノオー、ミッキースワロー、クリンチャー、キセキ、マイネルヴンジュ、サトノアーサー、ブレスジャーニー、プラチナヴォイスの順。1週目の4コーナーに入りマイスタイルがウィンガナドルに競りかけて先頭に立つ。そして直線へ。マイスタイルが先頭。2番手にウインガナドル。3番手にアダムバローズ。前半の1000メートルが64秒1。各馬外目を走っている。1コーナーから2コーナーに入り各馬動きがない。向正面に入りマイスタイルが下がっていく。付いていけない感じ。2回目の坂に近づくと各馬動きを見せ始める。3コーナーから4コーナーに入りウインガナドルが先頭に立つも後ろに絡まれて失速していく。4コーナー辺りからジョッキーの手が動き始める。4コーナーから直線に入り先頭の馬が次々と脱落していく中ダンビュライトが先頭に立ち、2番手にクリンチャーが続く。各馬外目を走っている。クリンチャーが先頭に立とうとするもキセキが一気にとらえて先頭。2番手争いはクリンチャーとポポカテペトルの争い。勝ったのはキセキ。2着には写真判定の結果10番人気のクリンチャー。3着に13番人気のポポカテペトル。

キセキの完勝ですね!

ミルコ・デムーロ騎手勝利騎手インタビュー

第78回菊花賞はキセキが人気に応えて完勝でしたね。
パドックの気配も良かったですし、素晴らしい走りでした。

10番人気のクリンチャーは前走が仕上がり不足で完敗でした。
良く立て直したと思います。流石皐月賞4着だけあります。

3着のポポカテペトルは意外でしたね。大健闘ですね。

次は天皇賞秋が行われ、キタサンブラック。サトノクラウンが出てきます。
非常に楽しみですよね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ