第34回マイルチャンピオンシップの結果!

競馬ニュース

第34回マイルチャンピオンシップの結果!

第34回マイルチャンピオンシップが京都競馬場の芝1600メートルで行われ、4番人気のペルシアンナイトが制した。3歳のマイルチャンピオンシップ制覇は17年ぶり。ミルコ・デムーロ騎手は2週連続G1制覇。

スタートはまずまず。ブラックムーンは後ろに下げる。サトノアラジンも後方から。まずハナに立ったのは予想通りマルターズアポジー。2番手にヤングマンパワー。3番手にダノンメジャー。その後はムーンクレスト、アメリカズカップとレーヌミノルとウインガニオンが並走しエアスピネル、ジョーストリクトリ、サングレーザー、イスラボニータ、レッドファルクス、クルーガー、ガリバルディ、ペルシアンナイトとグランシルクが並走、サトノアラジン、最後方にブラックムーン。3コーナーから4コーナーに入りペースが上がってくる。そして直線を迎えムーンクレストが上がってくる。先頭はマルターズアポジー。しかしあまり伸びがない。残り200メートルになりエアスピネルが先頭に立つ。レーヌミノルが食らいつく。ペルシアンナイトとサングレーザーが外から強襲してくる。そしてゴール前でエアスピネルがとペルシアンナイトが馬体を合わせる。そしてゴール。結局勝ったのはペルシアンナイト。2番人気のエアスピネル。3着には7番人気のサングレーザー。

ペルシアンナイトの伸びは素晴らしかった!

ミルコ・デムーロ騎手の勝利騎手インタビュー

第34回マイルチャンピオンシップは4番人気のペルシアンナイトの頭上に輝きました。久しぶりの3歳チャンピオンですね。タイキシャトルを思い出しました。大外枠という不利な条件からよく勝ちましたね。鞍上の腕も光ったレースだと思います。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ