第62回有馬記念の結果!

競馬ニュース

第62回有馬記念の結果!

第62回有馬記念はキタサンブラックが現役最後のレースで有終の美を飾り、歴代賞金王になった。

スタートはブレスジャーニーとルージュバックが後方から。まずハナに立ったのは予想通りキタサンブラック。2番手にシャケトラ。3番手にヤマカツエース。その後にこのレースが最後のクイーンズリング、カレンミロティック、トーセンビクトリー、サトノクロニクル、ブレスジャーニー、サクラアンプルール、サトノクラウン、シュヴァルグラン、レインボーライン、ミッキークイーン、スワーヴリチャード、ルージュバック、サウンズオブアースの順で1周目の4コーナーを越えて直線に入る。キタサンブラックが引っ張る展開。その後ろも動きが無く1コーナーに入る。前半の1000メートルが61秒6。向正面に入ってもいまだに動きが無く淡々と流れている。3コーナーに入りようやくペースが上がり出す。キタサンブラックが後ろを少し引き離す。4コーナーに入るとようやくジョッキーの手が動き始める。ここが勝負の分かれ目。そして直線に入る。先頭はキタサンブラック。シャケトラが追いかけるも離されていく。追ってきたのはクイーンズリング、シュヴァルグラン、スワーヴリチャード。ヤマカツエースは後退。坂の上りでサクラアンプルールが不利を受け下がっていく。先頭はキタサンブラック。このまま逃げ切りそうだ。2番手争いが激しくなっている。勝ったのはキタサンブラック。2着争いを制したのは8番人気のクイーンズリング。このレースが引退の2頭の1、2着。3着は3番人気のシュヴァルグラン。

キタサンブラックの展開でしたね

第62回有馬記念はキタサンブラックが人気に応え現役最後のレースを締めくくりましたね。
北島三郎オーナーも涙を流し感動的なレースだったと思います。
このようなレースが出てくるのはとても素晴らしい事ですね。

このレースを制しこれまで歴代賞金王だったテイエムオペラオーを上回りキタサンブラックが歴代賞金王となりました。今年は宝塚記念以外で馬券になりファンを喜ばせました。

今年のインパクトのあるレースは秋の天皇賞ですね。
出遅れて中段からの展開になりこれは負けると思ったら4コーナーから直線でインに入り一気に先頭に立ってそのまま押し切りました。これは本当にベストレースだと思います。

今年の最後の重賞はG1に昇格したホープフルステークスです。
悔いを残さないようにこのレースは的中させましょう。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ