第34回フェアリーステークスの結果!

競馬ニュース

第34回フェアリーステークスの結果!

第34回フェアリーステークスは2番人気のプリモシーンが直線で抜け出し快勝を収めた。戸崎圭太騎手は昨日の中山金杯に続き重賞連勝。

スタートはトロワゼドラルがタイミングが合わず出遅れる。好スタートを切ったのはアントルシャ。しかし外からシスルが先頭を奪う。グランドピルエットがアントルシャを交わし2番手に上がる。その後にレネットが3番手に上がってくる。アントルシャ、デュッセルドルフ、テトラドラクマ、ジョブックコメン、サヤカチャン、プリモシーンとライネローズが並走し、フィルハーモニー、ハトホル、スカーレットカラー、レッドベルローズ、ジーナスイート、トロワゼドラルの順。前半の600メートルが35秒9。残り1000メートルでフィルハーモニーが先行グループに加わってくる。3コーナー辺りから徐々にペースが上がり出す。先行グループが4頭固まって4コーナーに入る。そして直線に入り外の脚色がいい。プリモシーンが残り200メートルで抜け出し先頭。追ってくるのはスカーレットカラーだが引き離されていく。レッドベルローズが3番手に上がってくる。勝ったのは先に抜け出したプリモシーン。2着に6番人気のスカーレットカラー。3着に7番人気のレッドベルローズ。

見事な騎乗でしたね!

第34回フェアリーステークスはプリモシーンが見事な勝ち方でしたね。騎乗停止の騎手がかなりおり戸崎圭太騎手はチャンスをモノにしましたね。昨年が勝ち星は上げれたものの大舞台での存在感が余りにも薄かったので今年は主役を取ろうと気持ちが入っていますね。

明日は3日開催のラストです。

シンザン記念が京都競馬場で行われます。
昨年はキョウヘイが離れた最後方からとんでもない競馬をしましたね。
どのようなレースになるのか楽しみです。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ