第55回弥生賞の結果!

競馬ニュース

第55回弥生賞の結果!

第55回弥生賞が中山競馬場の芝2000メートルで行われ、1番人気で朝日杯フューチュリティステークスを制したダノンプレミアムが無敗の4連勝で皐月賞に向けて好スタートを切った。

スタートはトラストケンシンが出遅れて最後方。初出走のヘヴィータンクも後方から。まず先行争い。サンリヴァルとダノンプレミアムが争うもサンリヴァルがハナを制す。ダノンプレミアムは2番手。3番手にリビーリング。ヘヴィータンクは序盤で付いていけない様子。4番手以降はジャンダルム、ワグネリアン、オブセッション、アサクサスポット、アラウン、少し離れてトラストケンシン、ヘヴィータンクは大きく離れた最後方。展開は縦長で前半の1000メートルが61秒5。3コーナーに入りサンリヴァルと後ろとの差が縮まってくる。ダノンプレミアムは持ったままでサンリヴァルを捉えにかかる。4コーナーから直線に入りオブセッションが外に大きく膨れ前との差が広がっていく。これは圏外。直線に入るとダノンプレミアムが堂々と先頭に立つ。サンリヴァルが粘っている。ジャンダルムとワグネリアンが伸びてくる。しかしダノンプレミアムはその前を走っている。届きそうにない。勝ったのはダノンプレミアム。2着に2番人気のワグネリアン。これが初黒星。3着に4番人気のジャンダルム。この3頭には皐月賞の優先出走権が与えられます。

これは本物かもね

今週のトライアルは本当にレベルが高かったですね。

チューリップ賞はラッキーライラックが期待通りの走りを見せると、弥生賞でもダノンプレミアムが完勝。全く相手にならなかった感じですね。桜花賞、皐月賞に向けて最高の舞台が整った感じです。

次週のレースは3月11日に中京競馬場で金鯱賞が行われます。
出走メンバーにサトノダイヤモンド。スワーヴリチャードが登録されています。
この2頭の争いになるのか目が離せないですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

google-site-verification=kaiSfIGsf4rH0vEjoxGCeZuwJQDlHP4huSb92M0UbjQ